札幌圏の中古住宅を点検診断します

間違ってはいけない中古住宅の選び方、住宅のプロが物件を診断します

中古住宅の検査・診断を行います!

札幌圏の物件を対象に検査・診断を行います。具体的には札幌市内・北広島市・恵庭市・千歳市・石狩市・江別市・岩見沢市・長沼町・南幌町・栗山町・安平町に所在する物件です。

次のような物件は対応出来ませんのでご了承ください。

  • 既存サイディングの上に金属製サイディングを重ね貼した住宅(例外もあります)
  • 『全面リフォーム済み』などと表記された住宅(例外もあります)
  • 売主様が居住中の住宅(例外もあります)

中古住宅の点検・診断内容

  • 雨漏れが過去に無かったか
    雨漏れの痕跡を点検し、もしあれば原因を特定します。
  • 基礎の外側に大きなヒビ割れがないか
    表面モルタルのヒビか、基礎躯体のヒビかを確認します。
  • 基礎の鉄筋があることを確認します
    昭和60年代以降の住宅は基礎に鉄筋が無いということはあり得ませんが、念のために確認します。
  • 外壁にヒビわれや劣化・変形がないか
    ひび割れ・劣化の原因を特定します。
  • 屋根面の劣化を確認
    修繕・メンテナンスの必要性を判断します。
  • 床下の状態を確認する
    床下の乾燥状態や断熱材の施工状態を確認します。
  • 床にたわみや大きな揺れ・ぐらつきがないか
    構造的な問題があるのかを確認します。
  • 小屋裏の通気性がよいかを確認する
    小屋裏の乾燥状態と断熱材施工の状態を確認します。
  • 床に傾斜がないかどうか確認する
    レーザーレベルで各室の傾斜や柱・壁の倒れを計測します。
  • 壁の隅に大きなカビが発生
    石膏ボードなどの内部からカビが発生していないかを確認します。
  • 壁にヒビが入っている原因を調べる
    壁にひび割れがある場合には、原因を特定します。
以上の内容を点検し、購入するかどうかの判断材料を提供します。

中古住宅診断の事例の一部をご紹介します。こちらへ

中古住宅の点検・診断サービスの料金

基本メニュー

標準診断
1件につき40,000円(税別)
購入する可能性が高いとお考えの時には、標準診断をお申込み下さい。点検結果を診断書としてお渡しします。
簡易診断
1回につき20,000円(税別)
検討中の物件が複数あり、購入する物件の候補を絞り込みたい時は簡易診断がお勧めです。
1日あたり4件~5件を限度に物件を見て廻り、除外した方が望ましい物件をお知らせします。

メニューバリエーション

セット診断
1セットにつき50,000円(税別)
簡易診断を行った後、購入しようと思う物件を標準診断するパターン。
*1回の簡易診断と1件分の標準診断がセットになっているので、別々に診断するより1万円お得です。
追加診断
1件につき20,000円(税別)
ある物件を標準診断した後、別の物件を標準診断するパターン。
*追加で行う標準診断は通常の半額です。

オプション

修繕提案
標準診断に含まれます
点検診断した結果、修繕工事を行ったほうが良いと思われる部位と修繕方法について提案します。
契約書精査
事前の精査は無料
売買契約前に「重要事項説明書」と「売買契約書案」と「告知書及び付帯設備表」が入手出来る場合は無料です。(標準診断を行った物件)
契約立会
10,000円(税別)
売買契約時に立会い、「重要事項説明書」と「売買契約書案」と「告知書及び付帯設備表」を精査します。(標準診断を行った物件)
耐震診断
10,000円(税別)
単独で行っている「耐震診断(一般診断法)」(30,000円)を、点検診断時に同時に行う場合には、10,000円の追加料金でお受けしてます。

中古住宅の点検・診断サービスの申込

中古住宅の点検・診断サービスは専用申込フォームからお願いします。

専用申込フォーム

内覧同行をご希望される方へ

詳細な検査までは必要ないけれど、重要なポイントだけ同行して見てほしいと希望される方もいらっしゃいます。
そのようなご要望にお応えして内覧同行サービスを実施しています。

サービス料金は1件につき10,000円(税別)です。

お申込みはこちらから⇒内覧同行サービス申込

耐震基準適合証明について

当サイトが行う「点検・診断サービス」は、住宅ローン減税の適用を受ける為の「耐震基準適合証明」とは異なります。
住宅ローン減税の適用が目的の場合のお申込みは受けておりませんので、ご了承ください。

サブコンテンツ

中古住宅関連コンテンツ

管理人が運営している姉妹サイト『欠陥住宅防止ネット』に掲載されている、中古住宅に関するコンテンツのお知らせです。
こちらもお読みになると、中古住宅の購入ポイントがわかります。

このページの先頭へ