中古住宅の購入で注意するポイントとは

あなたの中古住宅選び! 間違っていませんか?

中古住宅の調査診断申込
↓↓↓↓↓
専用申込フォーム

中古住宅探しのポイント

あなたはどんなポイントで中古住宅を探していますか?

  • 学校区・駅近などの立地条件で探す
  • 予算に合いそうな物件を探す
ここまでは大事なポイントですね。

希望した立地で予算内の物件があった、ヨカッタですね、では次に検討するポイントは?

  • キレイだ!
  • すぐ住める!
と考える方・・・・・完全に間違っています。

キレイな中古住宅にはワケがある!

中古住宅は以前生活していた方の使い方によっては、非常にきたない住宅があります。

  • 手入れが行き届いていない
  • 内装のあちこちがキズだらけ
  • 壁の隅がカビだらけ
  • 床がボロボロ
こんな状態では売りづらい!
これが理由です。だから、リフォームをしてキレイな住宅にしてから売りに出されるわけです。
このような住宅をお化粧された住宅と呼んでいます。

リフォームされた中古住宅は奨めない!

私はリフォームされた中古住宅はお奨めしていません。
何故なら・・・・リフォーム前の状態がわからないからです。

欠点だらけで、そのままでは売れないからリフォームしたのですが、ではどんな欠点があったのでしょう。

  • ご主人がヘビースモーカーで内装がヤニだらけ
  • ペットがいたため、内装や建具がキズだらけ
こんな理由ならいいのですが・・・・・

  • 断熱性が悪く、結露やカビがひどかった
  • 外壁の通気性が悪く凍害を起こして、外壁がボロボロ
  • 耐震性が悪く、地震のたびに大きく揺れて、内装がヒビだらけ
こんな理由でリフォームしたのなら最悪です。

  • 断熱性が悪い
  • 通気性が悪い
  • 耐震性が悪い

これらの原因を改善してからリフォームしたのでしょうか?
聞いても答えてくれないかもしれませんし、どんな方法で直したのか、正確な情報をくれないかもしれません。

欠点があるから中古住宅

中古住宅は、汚れている・キズついているから中古なのです。
欠点がそのまま見えるからこそ、中古住宅の状態を確認でき、欠点を直しながら正しい方法でリフォームが出来ます。
我慢できるところは我慢をしましょう。床の日焼けや表面のキズ・凹みなど、どうせ入居したらすぐ傷つくかもしれません。あまり気にすることではありません。それよりも

  • 床の構造は大丈夫か
  • 耐力壁の量と配置に問題はないか
  • スイッチやコンセントなど、位置は大丈夫か
  • 換気性能や断熱・気密性は大丈夫か
  • 床下や小屋裏換気は大丈夫か
  • 外壁のメンテナンスはあと何年後か
  • 給湯器や暖房器具は何年もつか
チェックすべき点はたくさんあります。

中古住宅購入の時に、今後10年以内にリフォームやメンテナンス、機器の交換が必要なものをリストアップしましょう。

  • 住宅購入時に行った方がいい工事
  • 2~3年以内には、必ず行わなければならない工事
  • 5~10年以内に行うことになる工事
おおまかに3つぐらいに分類します。

予算面で余裕があれば、購入時にBまでの工事は一緒にやってしまいましょう。

意外と不便なスイッチ・コンセントとテレビ端子の位置

地上デジタルテレビが本格され、テレビは薄くそして大きくなってきました。今までの位置でいいのでしょうか?
電気の器具や配線類は、内装工事が終わってしまうと変更が出来ません。
工事前であれば、好きなところに器具を追加したり、パソコンのLAM配線を行うことも出来ます。

リフォーム済の中古住宅を買ってしまうと、こんなことが将来内装工事をやる時まで待たねばなりません。
それとも、せっかく工事が終わったばかりの内装をやり直ししますか?
もったいないですね!!

リフォーム済の中古住宅は高いの? 安いの?

リフォームされた住宅・・・・・リフォーム工事にいくらかかったか教えてくれません。
だから・・・・・高いか安いか?わかりません!!

現状のままで中古住宅を購入し、リフォーム工事を自分で発注する方が、よほど費用の内容は明確ですし、何より自分の好きなようにリフォーム出来ることの方がいいのではないでしょうか。

ここまで読まれて分かりましたよね!
リフォームされた住宅を買ってはいけない!!
リフォーム工事は自分でやろう!!

リフォーム工事の大事なポイント

中古住宅にはいろいろと直したい部分があります。

  • キッチンを交換したい
  • 収納を増やしたい
  • 壁紙を張替えたい
など希望はたくさん出てきますが、構造的なことや耐久性にかかわる部分に欠点が無いかどうかを確かめる必要があります。
そのような欠点が無いことを確認してから、購入を決めリフォームの具体的な計画を進めます。

これだけは確かめよう! 中古住宅の欠陥

  • 雨漏れが過去に無かったか
    雨漏れがあった場合、すでに修繕工事を行っているケースでは、修繕工事の方法を確認します。
  • 基礎の外側に大きなヒビ割れがないか
    表面モルタルのヒビと、基礎躯体のヒビとを間違えないように。
  • 外壁にヒビわれや劣化・変形がないか
    雨風の影響によるものと、室内からの湿気が原因の場合があります。
  • 床下にもぐって、湿気の状態を確認する
    シロアリの被害や、土台の腐れなどを確認します。
  • 床にたわみや大きな揺れ・ぐらつきがないか
    ほとんどが構造的な問題ですが、簡単に直るものもあります。
  • 小屋裏にもぐって、通気性がよいかを確認する
    通気性の悪い住宅は、夏はすごく暑くなり、構造体の耐久性にも影響します。
  • 床に傾斜がないかどうか確認する
    一定以上の傾きがある住宅は地盤や基礎に問題がある可能性大。
  • 壁の隅に大きなカビが発生
    石膏ボードなどの内部からカビが発生していないかを確認します。
  • 壁にヒビが入っている原因を調べる
    材料の乾燥収縮が原因の場合と、構造的なことが原因の場合があります。

以上のようなことを、購入決定前に確認します。
それほど難しいことでは無いのですが、いざ、自分で調べようと思うと、なかなか出来る事ではありません。

最近では、中古住宅の検査診断を行う会社もあります。例えば、こんな会社です。
欠陥住宅・瑕疵などの建物調査を行う住宅検査センター

検査・診断の費用は7万円ぐらいから10万円ぐらい、内容によって多少費用が違うようです。
今後は、こんな仕事をする会社が増えてくると思います。

住宅の購入は、人生の中でもたいへん大きな買い物です。
中古住宅の現状確認に少しだけ費用をかけて、あとあと後悔の無いようにして下さい。

中古住宅購入前の点検診断サービス(ホームインスペクション)

札幌圏の中古住宅をご検討中の皆さんに、中古住宅の点検・診断を行なうサービスを提供しています。
札幌圏の中古住宅点検診断(ホームインスペクション)サービスはこちら

失敗しない家さがし

サブコンテンツ

中古住宅関連コンテンツ

管理人が運営している姉妹サイト『欠陥住宅防止ネット』に掲載されている、中古住宅に関するコンテンツのお知らせです。
こちらもお読みになると、中古住宅の購入ポイントがわかります。

このページの先頭へ